六本木 朝日神社のホームページへようこそ [サイトマップ]
六本木朝日神社TOPへ

TOP>年中行事>初午祭とは

朝日神社について 初午祭とは
ご祭神について

初午祭とは、その年の豊作を祈った農村のお祭りが原型で、それに、稲荷信仰が結びついたものといわれています。さらに、各地で商業や、その土地の産業などと結びついて、初午の行事も賑やかに行われるようになりました。
初午祭の行われる「初午の日」は京都の伏見稲荷神社のご祭神が、和銅4(711)年の2月のはじめの午の日に、三ヶ峰の山上に降臨したことにちなみます。
初午詣をすると、農家は五穀豊穣(ごこくほうじょう)、商家は商売繁盛の御利益があるとされています。
稲荷は「稲生」と書き、農家の神様だったといわれていますが、その後、長寿、息災(そくさい)、栄進(えいしん)、子孫繁栄、商売繁盛などあらゆる祈願の対象となっています。
歳旦祭へ【前】 【次】大祓へ
ご祈願の御案内
年中行事
御札・御守
MAP・交通案内
フォトギャラリー
ご神燈奉納受付
ご祈願申込受付
日本全国神社ホームページリンク
リンク
お問い合わせ
当ホームページに掲載しております文章及び画像の無断転載はご遠慮ください。
(C)2006 Asahi JInjya All Rights Reserved.