六本木 朝日神社のホームページへようこそ [サイトマップ]
六本木朝日神社TOPへ

TOP>年中行事>大祓とは

朝日神社について 大祓とは
ご祭神について

大祓とは、知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢(けがれ)を祓い清めるための神事です。毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います。6月の大祓を「夏越の大祓」、12月の大祓を「年越の大祓」と呼びます。
平安時代初期の国家の法制書【延喜式】にも、6月と12月の大祓が記されており、古くから行われていたことがわかります。
大祓には、「形代(かたしろ)」(撫物ともいい、紙を人の形に切り抜いたもの)に、名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫でて息を吹きかけます。そうすることによって、自分の罪穢を移し、それを社殿にてお祓いののち、海や川などに流しわが身の代わりに清めてもらいます。

※「形代」は6月・12月それぞれの月の1日から社頭にて配布しております。
初午祭へ【前】 【次】例大祭へ
ご祈願の御案内
年中行事
御札・御守
MAP・交通案内
フォトギャラリー
ご神燈奉納受付
ご祈願申込受付
日本全国神社ホームページリンク
リンク
お問い合わせ
当ホームページに掲載しております文章及び画像の無断転載はご遠慮ください。
(C)2006 Asahi JInjya All Rights Reserved.