六本木 朝日神社のホームページへようこそ [サイトマップ]

TOP>お田植神事とこけ田んぼ作り

お田植神事(御田植祭)〜日本人の生きる糧であるお米、稲作は神々への祈りから始まります
御田植祭は、豊作を祈って行われる田植えの神事です。
宮中では毎年5月頃に皇居内生物学研究所にある水田に今上陛下自らお手植えなさります。これは皇祖神である天照大御神から授かったお米に感謝し、自ら稲作りに携わり秋には神々にお供えするために育てられています。

朝日神社においても、秋のお祭り(新嘗祭)で神様にお供えするお米作りのため、豊穣を祈願し御田植祭を執り行います。子ども達に手植えしてもらった神田の苗は、実るまで神職が育てています。
こけ田んぼ作り 〜みんなが食べるお米になるまで全部おうちで育ててみよう ◆アルバム(過去のお田植記録)
「こけ田んぼ」は、泥んこ遊びをしながらこけ玉を作り、苗を植えて自宅で育てる稲作キットです。「お米ってどうやってできるの?」という疑問に実際のお米作りを体験し実感してもらいます。

苗が少しづつ伸びていき、1本の苗が分げつし数本に増え、70日ほど経過すると幼穂が出てきます(出穂)。80日ほど経つと白いお米の花が咲き、90日後には幼穂も生育し重さで頭が垂れてきます。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」120日程経つと黄金色の稲穂の収穫時期です。このように稲作の全ての生育過程を、ご家族とともにご自宅で観察し、食物への興味を広げ、自然の豊かさを知る機会となることを願っております。
<主催> SATOMACHI/みどりのともだち <協力>朝日神社
当ホームページに掲載しております文章及び画像の無断転載はご遠慮ください。
(C)2006 Asahi JInjya All Rights Reserved.