六本木 朝日神社のホームページへようこそ [サイトマップ]
六本木朝日神社TOPへ

TOP>年中行事>新嘗祭とは

朝日神社について 新嘗祭とは
ご祭神について

新嘗祭(にいなめさい)と
は、「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を、「嘗」はご馳走を意味します。毎年11月23日に全国の神社で行われ、新穀を得たことを神様に感謝する新嘗祭は、五穀の豊穣を祈願した2月17日の祈年祭と相対する関係にあるお祭りで、この日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉るとともに、御自らも召し上がります。
新嘗祭の起源は古く、【古事記】にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。現在では「勤労感謝の日」として、国民の祝日となっておりますが、一説によるとその祝目名は、『命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうこと』に由来しているといわれております。
当神社では、この日に、その年収穫した新米を使った「もちつき大会」を境内にて催しており、毎年たくさんの方で賑わいます。
例大祭へ【前】 【次】歳旦祭へ
ご祈願の御案内
年中行事
御札・御守
MAP・交通案内
フォトギャラリー
ご神燈奉納受付
ご祈願申込受付
日本全国神社ホームページリンク
リンク
お問い合わせ
当ホームページに掲載しております文章及び画像の無断転載はご遠慮ください。
(C)2006 Asahi JInjya All Rights Reserved.